キャッシングの保証人とは

カードキャッシングの保証人は、実は必要ないことが多いのです。例えば、銀行のキャッシュカードでキャッシングできる場合がありますが、あれは銀行がキャッシュカードを発行している段階で、信用調査を行っているので、保証人が必要ないのです。これは重要なことですから覚えておくと良いでしょう。余談ですが、クレジットカードで物を買うときの保証人はクレジットカード会社です。物を買ったときの店はしっかりと代金を受け取れます。しかし、クレジットカード会社は、もしかするとお金を回収できないかもしれません。ですから、それなりの手数料や利息を取っているわけです。さて、キャッシングですが、基本的にはあまりお勧めできません。定期預金でも崩して使えるお金があったら、そちらを優先して使うことをお勧めします。あまりにもお金がなくてどうしようもないときには、使っても良いですが、キャッシングと言いますが、本質的には借金であることを忘れないでください。とにかく借金なのです。借金はしないほうが良いに決まっています。ですから、できることなら、自分自身の資産を切り崩してでも、そちらを使うことをお勧めします。是非とも検討してくださいませ。